EDの治療薬としてバイアグラが一般では有名ですが、「レビトラ」という治療薬も存在する事をご存知ですか?実はこれが抜群に効果的との声が多数!そのレビトラについて詳しく解説をしていきます。

レビトラの写真

レビトラで得られる主な効能・効果とは

レビトラはED症状を改善するための薬としては世界で二番目に作られた薬です。
有効成分として含まれているのはバルデナフィルという成分であり、レビトラはこの成分によって勃起不全を解消する効果があります。
具体的な作用としては人の体が勃起をする際に必要なcGMPという血管拡張物質を破壊するPDE-5酵素の働きを阻害することでcGMPの量が変わらなくとも勃起状態を維持しやすくするといった形です。
もちろんレビトラを飲んだだけで勃起するというわけでは無く性的興奮を得ることが必要なのですが、ED症状においてはPDE-5酵素の働きを阻害してやることでED症状緩和の効果が期待できるでしょう。
さて、ではこのレビトラの効果として特筆するべきところは何かというと、やはり重要なのは「食事の影響を受けづらい」ということです。
レビトラ以外のED治療薬は食事の影響を受けることが多いのですが、レビトラの場合はある程度自由に食事を取ることが出来るという特徴があります。
暴飲暴食をしては効果が出づらくなるのは当然ですが、意識して油分の少ないあっさりとした食事を取れば薬の効果を十分に引き出すことが出来るようになるでしょう。
ただ全く影響が出ないわけではありませんから、原則としては食前・空腹時に服用することを心掛ける必要はあります。
加えて僅かな差ではありますが、現在実用化されているED治療薬の中でも最も効果が出るまでの時間が短いという特徴があります。
服用から40~50分ほどで血中濃度が最高になるようになっているため、服用して少しすればいつでも性行為を行えるようになるとイメージしておけば問題ありません。
日本国内では今一つ知名度に欠ける部分があるとはいえ、他の薬と比較しても異なる特徴があるためその特徴を活用するようにしましょう。

レビトラの名前の由来はここからきている

世界で二番目に実用化されたED治療薬レビトラの名前はフランス語とラテン語の二つの言葉によってつけられています。
まずそもそもレビトラという名前は英語の綴りに直すとLEVITRAとなり、この言葉はLe、Vitraと区切られています。
Leとはフランス語における男性名詞に関する男性定冠詞であり、次のVitraという文字はラテン語において「生命」を意味する言葉です。
そのためこの二つを合わせると「男性の生命」といった意味になり、これによって「男性の生命力の象徴を元気にする」といったイメージにつながるわけです。
またレビトラは即効性に優れるED治療薬として受け入れられていますが、このことはパッケージに描かれていることをみるとイメージできます。
クリニックなどで1錠ずつ貰うということだとあまりパッケージの絵をまじまじと見たことはないでしょうが、レビトラのパッケージには赤い炎のマークが描かれているのです。
このマークはマッチの炎を図案化したものとされており、これによって「こすればすぐに火がつく」、転じてすぐに効果が得られますよというイメージを与えることにつながっています。
これはメーカーの発表ではありませんが、棒状で先端が丸みを帯びているマッチというのは男性機を連想させるビジュアルとなっていますから、そのことも絡めているのではと噂されることもあります。
製品の名前に明確なイメージを込めているということは実のところ製薬業界ではそこまで多い話ではありませんから、こうしたラテン語の意味さえわかればすぐに効果のイメージがつくネーミングというのはレビトラがより多くの利用者に親しまれるようにという製薬会社の意思の表れでもあると言えるでしょう。

レビトラを服用する際に気を付ける事

日本では多くの医薬品が自由に手に入れる事が出来るという訳では無く、病院で処方して貰わなくてはならないようになっていて、レビトラも病院で処方して貰う必要がある薬の一つです。
単に薬をもらうだけでも病院へ行って長時間待たされたりする事もある事を考えると、どうしてそのような事になっているのか、もっと簡単に手に入れる事が出来た方が便利ではないかという不満を述べる意見もありますが、そうした仕組みがあるからこそある程度安心して薬を利用する事が出来るという面もあります。
薬は正しく利用しないときちんと効果を発揮する事が出来なくなってしまうだけでは無く、副作用によって最悪の場合は命に関わる事態になる事も考えられるのです。
レビトラについてもきちんと医師の診断を受けた上で処方して貰えばそう心配する必要はないですが、ここではいくつか気をつけなければならない事を簡単に紹介します。
まず、服用のタイミングは空腹時が望ましいという事が挙げられます。
レビトラのメリットとしては食事の影響が少ないという事が含まれているのですが、効果を最大限に発揮させたいならば空腹時に服用するのが一番なのです。
また、食事をする場合でも脂分を多く取り過ぎてしまうとそれが吸収を阻害して薬が思ったように効かなくなってしまう恐れがあるので、脂分が少なめのあっさりした食事を控えめに摂取するようにしておくべきです。
また、レビトラは硝酸剤を始め、HIV治療薬や抗真菌薬などとは併用禁忌となっていますので、もしも薬を服用していてレビトラを使用するのであれば、その事はきちんと病院で医師に伝えておく事が大事です。
場合によっては深刻な事態を招く事もあるので必ず守るべきです。